カラダ奪ワレココロ揺ラレの漫画がめっちゃエロい!

だ〜じりん。の新作エロ漫画「カラダ奪ワレココロ揺ラレ」が公開されました。

 

 

現在、5話まで配信中です。

 

⇒ カラダ奪ワレココロ揺ラレを読んでみる

 

調教好きの人にはたまらないシチュエーション、内容です。1話からエロくて、勃起せずには読めません。

 

無理やりヤられる橘の表情や感じる姿がとてもエロいです。

 

カラダ奪ワレココロ揺ラレの登場人物

 

・橘七瀬…陸上部に所属。軽い動機でやった1度だけの援女交際が臨時コーチにバレて脅されている。
・陸上部の臨時コーチ…橘の1度だけの援女交際の相手。
・コウイチ…橘の彼氏。

 

カラダ奪ワレココロ揺ラレのあらすじ

 

陸上部に所属する橘は最近彼氏もできて幸せいっぱい。だが、臨時コーチでやってきた男がその幸せを壊していく。男は橘の一度だけの過ちをネタに脅し、無理やり体を開かせる。臨時コーチが終わるまでの我慢と自分に言い聞かせていた橘だが、男のねちっこい愛撫や荒々しいセッ〇スに開発されていく。そして迎えた臨時コーチ最後の日、橘が向かうのは彼氏の元か、それとも…。

 

カラダ奪ワレココロ揺ラレの配信話

 

第1話:獣欲の罠に堕ちた陸上少女は自らの肢体を差し出す
第2話:拒絶する心とは裏腹に体は何度も絶頂に達する
第3話:隅々まで開発された体は嫌悪する男の愛撫を待ち望む

 

カラダ奪ワレココロ揺ラレの感想

 

だ〜じりん。さんの新作ということで期待していましたが、期待以上のエロ漫画でした。軽い動機でやった1度だけの援女交際が臨時コーチにバレて、そのネタを理由に肉体関係を迫られるという内容でしたが、とても読んでいて興奮しました。臨時コーチがキモいところもよくて、キモい男に無理やりヤられ女の子のエロさ。タイトルの「カラダ奪ワレココロ揺ラレ」のように身体を奪われ、徐々に心も奪われていくという展開が良かったです。だ〜じりん。のストーリーは個人的にはツボで画もとても好みです。4話以降、臨時コーチが橘をどんな風に調教していくのかが楽しみです。

 

だ〜じりん。の他の漫画

 

・盗撮したらバレて童貞奪われて喘ぎ声

 

こちらの漫画も人気でハンディコミックのオトナランキングで1位を獲得しています。

 

⇒ 盗撮したらバレて童貞奪われて喘ぎ声を読んでみる

 

内容は、童貞君のくせにマジでアソコでっかいね」、パンチラ盗撮していた歩(あゆむ)は女子校生の理栖(リス)に盗撮がバレて、逆に童貞を奪われてしまう。理栖に気に入られた歩はその後も彼女と会うようになったが、デート中に理栖の彼氏が現れて…。童貞を奪われた歩くんが、彼氏が寝ている近くで激しく腰を振りお姉さんの中にたっぷりと注ぎ込みます。

エロ漫画が満載!ハンディコミック

電子書籍がスマートフォンや携帯電話で利用可能な時代になり、本屋さんに行く機会もずいぶんへりました。そんな私が最近利用している電子書籍が「ハンディコミック」なんですが、利用するきっかけは「無料立ち読み機能」が充実していたんです!コミックのジャンルも(少年漫画 青年漫画 少女漫画 女性漫画 ハーレクイン TLコミック(ティーンズラブ) BLコミック(ボーイズラブ) メンズコミック レディース)と様々あり、無料で読めるので好みのコミックが選べるのはユーザーにとっては魅力的です。有料版も324円から利用出来る様になってますし、コミックの更新も週2回!毎週楽しみになりますし、新しいコミックもチェックできて便利です。以前は新刊が発行されるたびに、書店へ行きコミックを購入してましたが電子書籍のおかげで、部屋もスッキリしました!ちょっとした時間でも読めるので、電車での移動中や待ち合わせの時間などの暇つぶしにも役立ちますよ。無料立ち読み機能で、アプリの動作確認も出来るので興味がある方は是非おすすめです!

電子コミックについて

電子コミックについてですが、まず私は反対です。アダルトな面で子供向けなのに子供の枠を超えてしまっているコミックスが多々あるからです。色々なコミックスを書店に行かなくても読めると言うことは、とても画期的だとは思いますが、画期的すぎてどんどん色々な物を投稿して、節度が守られていないような気がします。そういった、子供なら子供、青年なら青年、成人なら成人と、きちんと分類分けをし、節度の保たれていて、管理する側も読む側も安心して読める環境ができあがっていれば、とても良い環境だとは思います。コミックの電子化で紙面から離れてしまうことも怖いと思います。なので、紙面化して時期が経ってから電子化するなどすれば、こういった問題も無くなると思います。各個人が配信で行うという点については賛成です。個人のスキルを磨きやすいですし、出版社に持ち込んだが返されてしまい、その後電子化したら沢山の人に読んでもらえたという人もいるので、自信をつけたり才能を開花するツールとしても評価したいです。